ご挨拶

日頃より大変お世話になっておりますことを心より感謝申し上げます。

令和元年7月22日、第25回参議院議員通常選挙が執行されました。連立与党は改選議席の過半数を上回る議席を獲得、福井選挙区においては滝波宏文参議院議員が二期目の当選を果たさせていただきました。ご支援ありがとうございました。本当に皆様のご支援のおかげで、自民党にとって因縁のある亥年選挙、令和初の国政選挙を乗り切ることが出来ました。一方で惜しくも議席を失った仲間もいます。とても残念なことですが、捲土重来を期して頑張っていただきたいと存じます。

今回の選挙結果は、自由民主党安倍政権が国民の信任を得ることが出来たといえますが、その期待に応えるべく、おごることなく真摯に活動をして参ります。

そして地元福井においては『交通体系の整備とまちづくり』『強い農林水産業の実現』『産業の活性化』『国土強靭化』『信頼されるエネギー政策』『教育・子育て支援』『健康・長寿社会』『拉致問題の解決』等、県民皆様とお約束した政策を実現すべく、しっかりと取り組んで参りますので、引き続きご指導ご支援の程宜しくお願いいたします。

北陸新幹線の早期全線開通

北陸新幹線は現在2015年3月に金沢まで開業し、金沢ー敦賀間の延伸開業は当初計画では2025年度が予定されていましたが、資材や人件費高騰で膨らんだ建設費増加分の財源をなんとか確保し、3年前倒しして2023年春に開業となります。また間をおかずに新大阪へ向けて、工事を開始するための認可を得るために安定した財源を作り、悲願の北陸新幹線全線開通を1日でも早く完成させる。

エネルギー安全保障

資源小国の日本にとって、エネルギー安全保障を確実にしていくことは、国の存立基盤を確実にしていく上で必要不可欠です。北海道で起きた「ブラックアウト」のようなことはあってはならない。福島原発の事故後、世界一厳しいとされる原子力新規性基準のもと、原発は飛躍的に安全性が高められています。地球温暖化対策、電力安定供給の観点からも審査の効率を上げ、エネルギーバランスの均等をはからなければならない。またふるさと福井には既存の送電設備を有していますので水素発電など新エネルギーも将来的なエネルギーミックスを積極的に検討する。

PROFILE